トピックス

写真

敦賀駅に集った同志(イメージ)
未明の敦賀駅に集った求道の同志
昭和35年2月8日未明、敦賀駅に、夜行列車で移動する池田名誉会長(当時会長)に一目でも会いたいと、求道の心で同志が集った。先生は、同志の真心に感謝しつつも、深夜でもあり、他の乗客の迷惑になるといけないので、同志へ再会を約す伝言を側近に託した。後年、その真情を次のように綴っている。「私は、断腸の思いで列車の席に止まり、同志の成長と幸福を祈り、心で唱題した。『求道の福井』の同志との出会いは、私の胸から離れない」と。

写真

武生市体育館(当時写真)
武生市体育館で「郷土のルネサンスを!」
昭和48年6月5日、武生市体育館(当時)で行われた福井県幹部会。席上、池田名誉会長(当時会長)は、福井県下から集った約6000人の友を前に語った。震災、水害、豪雪など数々の天災に見舞われながらも、たくましく復興してきた福井の国土と人間性に触れ、「日本一の幸福の春に輝け!」との願いをこめ、「妙法で郷土のルネサンスを」と訴えた。

写真

ビーズ絵(芝政訪問の様子を描写)
芝政にて日本海を見つめる池田先生ご夫妻
平成2年10月23日、福井文化会館を訪問した池田名誉会長は、当時、婦人の代表が真心をこめて制作したビーズ絵〔左写真〕を観賞した。それは、昭和48年6月6日、芝政を、先生ご夫妻が訪れた際の様子を丹念に描いたものである。ご夫妻の眼前には、恩師である戸田第2代会長が生誕した塩屋の地を眺望できる日本海が広がっていた。